2011年03月18日

発売日未定のiPad2、3GモデルとWi-Fiではマイクの音質が異なるという指摘が入る

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


iPad2


『 大人気のiPad2にてマイク品質に差が出ているらしい 』

現在、各メディアに広がっているようですが、マイクの穴の場所が影響しているらしいのですが、いったいどういうことなのでしょうか・・・。

▼3GモデルとWi-Fiモデルにおける音質の違い
iLoungeは米国時間3月16日、「iPad 2」に搭載されているマイクの音質がモデルによって異なることを指摘した。iLoungeは、原因について、マイクの穴があけられている場所を挙げている。

 iPad 2マイク用の穴は、Wi-Fiバージョンの場合、本体背面を構成している金属板にあけられているが、Wi-Fi+3Gバージョンの場合、プラスチック製アンテナカバーにあけられている。

 iLoungeの編集主任Charles Starrett氏は、「恐らくこの材質の違いにより、Wi-Fiモデルは、3Gモデルに比べて音のきれいさが際立っている。3Gモデルは、結果的に音がわずかにこもり、エコーがかかる傾向にある」と投稿で述べている。

 iPad 2において、Appleはマイクの位置をヘッドホンジャックの隣から、本体上部中央に移動している。初代iPadの場合、本体上部にある3Gアンテナがマイクの位置と同じになることはなかった。

iPadでマイクは使わないよ、という人も多いかもしれませんが、iPad2は初代iPadから大幅にスペックアップしていますし、Garagbandといった音楽制作アプリや動画撮影などでもマイクは重要な要素にもなっていますので、なんだかんだで、結構気にする部分かもしれないですね。

参考:macstories,Cnet






posted by Lucy | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple iPad2 / iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。