2011年03月27日

Xperia X10(初代Xperia) Android2.3アップデートが可能に!ソニエリが発表

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


Xperia SO-01B

『 Xperia X10 (初代Xperia SO-01B) & Android2.3 』

SonyEricsson (ソニーエリクソン) は、3月25日にXperia X10 (日本ではNTTドコモのSO-01B)をAndroid2.3へのアップグレードに対応すると発表したそうです。実はこのアップグレードに関しては、以前ソニエリが公式にアップグレードをしない旨を表明していたわけですが、いったい何があったのでしょうか?

▼SonyEriccson (ソニーエリクソン) の方向転換
同社は2月にXperia X10をAndroid 2.2以降にアップグレードしないと発表した。当時はそれが正しい判断だったとしている。だが、ユーザーの要望があったことに加え、Xperia arcなどの2011年モデルのソフトウェア開発の成果からX10のアップグレードが可能になったため方針を変えたと説明している。

Gingerbread(バージョン2.3.3)へのアップグレードは第2四半期末または第3四半期初めに配布する予定だ。キャリア向けにカスタマイズしていない「generic trade」バージョン向けのアップグレードとなる。キャリア向けにカスタマイズしたバージョンについて、同社は後で情報を出すとしているが、「アップグレードできない人もいるかもしれない」としている。

▼アップデートによってなくなる機能がある?
カメラUIがAndroid標準のものに変更され、顔認識やスマイルシャッターなどの機能がなくなったり、MoxierがGingerbreadのEAS機能に入れ替わったり、Mediascapeが2011年モデルと同じメディアウィジェットと音楽プレーヤーに変わるなどの変更があるという。アップグレード後、元に戻すことはできない。Gingerbreadより後のバージョンへのアップグレードは予定していないという。
※参考:ITmedia

▼アップデートにより期待できること
Xperiaはハードウェア的に旧世代となっているため、たとえGingerbreadアップデートが提供されたとしてもNFC(Near Field Communications)やマルチタッチサポートなどの同OSでの最新機能は利用できない。だが今回Gingerbreadアップデートが提供されることで、Eclair世代に比べてパフォーマンスが大幅に改善され、アプリやWebブラウジングが非常にスムーズになることが期待できる。Androidはv2.2 "Froyo"でJava VMのDalvikやWebブラウザのJavaScriptエンジンなどに大幅な改良を加えており、Eclairに比べて最大で7-8倍ほどの性能向上が実現されている。EclairからGingerbreadへと一足飛びでアップグレードすることで、こうした性能向上を体感できるだろう。またGingerbreadではソフトウェアキーボードやコピー&ペーストなど、UI部分でいくつかの改良が行われている。Xperia X10のGingerbreadアップデートでは、こうした改善も期待できそうだ。
※参考:マイコミジャーナル

日本でのアップデート時期はおそらく6月、7月ごろになりそうですね。また、初代Xperiaに対するアップデートが期待されるということは、まだまだ現役としてメーカー側が対応してくれるというわけですから、初代Xperiaユーザーにとっては非常に朗報ですね。






posted by Lucy | Comment(0) | TrackBack(0) | Xperia arc SO-01C | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。