2011年04月13日

iPad2で裸眼3D表示を実現させたデモがすごい!想像を超えた3D表示だった!

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


iPad2_3D

『 iPad2による裸眼3Dを実現 』

現在、3D対応のスマートフォンといえば、シャープ製のGALAPAGOS 003SHなどがありますが、専用のディスプレイが必要だったりと、あくまでも端末固有の仕様に依存するものであるわけですが、今回は既に発売済みのiPad2で3D表示を実現しているデモ動画が公開されていますよ!
▼フロントカメラを生かした技術
仏グルノーブル情報学研究所の研究グループのメンバーが、iPad2のフロントカメラを使って映った映像を追跡して、立体表示の方向を調整しながら表示しているそうです。



とりあえず、上の動画を見るとわかりますが、なんと言いますか、奥行がしっかりと表現されているのには驚くばかりですね。加速度センサーを使って、似たような立体を表現しているアプリなんかはいままであったのですが、フロントカメラを使うというは、面白い発想ですね。

▼加速度センサーで立体表現をする類似アプリ

【Labyrinth】
このアプリは加速度センサーをつかってボールをゴールまで導くアプリですが、非常によくできたアプリで難易度が高いステージも多いので、結構長く遊べるアプリですよ。


iPad2_3D

Labyrinth - Codify AB







タグ:iPad2 裸眼3d
posted by Lucy | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple iPad2 / iPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。