2011年09月25日

富士通 スマートフォン&タブレットの新ブランド「ARROWS」を発表!(ARROWS Tab LTE F-01D)

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


ARROES LTE F-01D

『 富士通の新ブランド ARROWS 』

国内ブランドとしてパッと思い浮かべるのは東芝Regzaシリーズだったりするのですが、富士通も忘れちゃいけません。。(すみません) 富士通はスマートフォン、タブレットに力を入れていくにあたり、新ブランド「ARROWS」と命名して展開していくそうですよ。さらには、ARROWSブランドのイメージキャラクターになんとEXILEを起用!って。お金かけてますね、、富士通さん。。その気合も伝わってくるというものです。。

参考:富士通プレスリリース
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2011/09/21-1.html


■富士通ARROWSブランドは10月以降の新商品から採用!

「ARROWS」ブランドとしては、2011年10月以降に発売される新商品から採用し、展開をしていくそうです。そして、このARROWSの意味とは・・・

富士通が未来のスマートフォン、タブレット端末市場を常にリードし続けるスピード感,、先進性、力強さなど、将来のスマートフォンやタブレット端末のあるべき姿を指し示す指標となることを意味します。

とのこと。

■第一弾はドコモタブレット、ARROWS Tab LTE F-01Dからスタート

なんと、LTEですか。Xi(クロッシィ)対応のタブレットということですかね。しかもちょっとハイスペックな仕様ですよ、このF-01Dって。しかも軽いですし、いいかもしれないです、このAndroidタブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」って。
ARROES LTE F-01D

ARROES LTE F-01D


■ARROWS Tab LTE F-01Dのスペック

ARROES LTE F-01D

OS:Android3.2
CPU:Texas Instruments OMAP4 1GHz ※デュアルコアプロセッサ
画面:10.1インチ WXGA
解像度:1280×800
容量:ROM16GB/MicroSD 最大32GB
カメラ:背面510万画素/前面130万画素(CMOS)
通信:Xi(クロッシィ) 下り最大37.5Mbps(一部屋内では75Mbps)、上り最大12.5Mbps(一部屋内では25Mbps)
通信:FOMAハイスピード 下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbps
テザリング:対応(Wi-Fi)
SPモード:対応
ドコモマーケット:対応
ワンセグ:対応
DLNA:対応(※1)
重量:597g
サイズ:約262×181×11.3ミリ
その他:防水対応/F.LINK対応(※2)/Bluetooth 2.1+EDR/

※1 DLNAサポート
対応機器と接続して映像をストリーミング再生したり、TSUTAYA TVやひかりTVなどの動画配信サービスで映像を視聴したりもできる。

※2 F.LINK対応
富士通製PCとの連携が可能

【プリインストールアプリが豊富!】
独自のプリインストールアプリとして、ホーム画面の壁紙デザイン、アプリのショートカット、ウィジェットの着せ替えができるアプリ、広辞苑や現代用語の基礎知識など29種の辞書を収録した「富士通モバイル統合辞書+」などを搭載。富士通の電子書籍配信サービスBooks Vの専用アプリをダウンロードできるショートカットなどもプリインストールする。

■LTE対応はまだまだこれから・・・

LTEの対応エリアはこれから拡大していく段階なので、この「ARROWS F-01D」の場合、LTEの非対応エリアでは下り最大7.2Mbps/上り最大5.7MbpsのHSDPA/HSUPAのドコモの3G網(FOMA網)を利用することになる。普通に使う場合、ユーザーはLTE10 件とFOMAの切り替えは行えず、エリアに合わせて端末がどちらに接続するかを自動判別する仕様。設定画面にあるモバイルネットワーク設定も、3G(FOMA)とLTEの項目は一緒になっているそうです。

■ARROWS Tab LTE F-01Dのハンドジェスチャー

なんと前面のインカメラを使用したハンドジェスチャー機能なるものが搭載されているそうです。これは、手のひらをかざして端末を操作することができるらしいです。なぜにこんな機能を搭載したのか、というと、防水仕様ということもあり、手がぬれている状態ではタッチパネルはうまく動作しないため、それを補うための仕様みたいですね。ただ、ワンセグの切り替えやブラウザの上下スクロールなど、限られた動作のみでしか利用できないらしいですが、まぁ、これからの可能性を広げる意味でも、こういう試みはありだと思いますよ。


参考
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1109/12/news119.html






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。