2011年09月29日

Kindle Fire(キンドルファイア)のスペック - アマゾンから超低価格のデュアルコア搭載Androidタブレットが登場(Amazon/KindleFire)

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


Amazon Kindle Fire

『 Amazon(アマゾン)のAndroidタブレット 』

Amazon(アマゾン)からKindle(キンドル)のブランド名を継承したAndroidタブレットが発表されました。価格は超低価格の199ドル!日本円にすると2万円を切る価格帯になると思いますが、低価格=低スペックという印象を持ってしまうタブレット市場なわけで、実際はどんなスペックなのかすごく気になりますよね。サイズは7インチの絶妙サイズですから、7インチのAndroidタブレットを狙っていた人にとっては狙うべきタブレットかもしれません。

■Kindle Fire(キンドルファイア)の発売は11月15日

米Amazon(アマゾン)はKindle Fire(キンドルファイア)の発表と同時に、11月15日に発売を開始すると伝えたそうです。この11月15日は米国内の発売時期になるため、日本国内への展開はまだわからないですね。ただ、Kindleが発売されている現状を考えると、おそらく日本市場への展開も十分ありえると思います。

Amazon Kindle Fire

なお、Kindle Fireを購入すると、「Amazon Prime」を30日間無償で利用できる。Amazon Primeは、無料での翌々日発送とビデオストリーミングを提供する同社のプレミアムサービスである。同サービスは通常、年間79ドルで提供されている。

■価格はiPadの半分以下

Kindle Fire(キンドルファイア)の価格は199ドル。日本円にして約1万5000円!iPadの499ドルから比較しても半額以下に抑えている低価格設定が特徴。Amazon(アマゾン)は電子書籍端末のKindle(キンドル)を急速に普及させた実績を持ちますので、Androidタブレット市場への参入は、他メーカー、ブランドへどのような影響を及ぼすのでしょうかね。

■Kindle Fire(キンドルファイア)のスペック

Amazon Kindle Fire

・OS:Android改良版 ※Ver不明
・CPU:1GHz TI OMAP デュアルコアプロセッサ
・画面:7インチ 1024 x 600 IPS液晶ディスプレイ ※ゴリラガラス採用
・ROM:8GB
・カメラ:無し
・重量:約400g
・サイズ:190×120×11.4mm
・通信:Wi-Fi(802.11b/g/n)
・駆動時間:読書8時間、ビデオ再生7.5時間
・接続端子:MicroUSB2.0/3.5mmオーディオジャック

※OSはGingerbread(Android2.3)がベースになっているとのウワサ(詳細不明)
※3G通信は非搭載

■「Kindle Fire」専用のWebブラウザ「Amazon Silk」

Amazon Web Services(AWS)のクラウドサービス「EC2」と連動することで、PCと比較して低スペックなKindle Fireでも高速で快適なWebブラウジングを実現できるという。

Silkのソフトウェアは端末とEC2上の仮想サーバの両方に常駐することから、AmazonはSilkを“split(分割)”ブラウザと呼ぶ。Silkは、ユーザーからのリクエストをどちらのサブシステムで処理するかを、ネットワークの状態や表示するページの複雑さ、キャッシュの場所などから動的に判断する。ユーザーはまったく意識せずに、EC2のコンピューティングパワーを利用できるのだ。

参考:http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1109/29/news017.html


■Kindle Fire(キンドルファイア)の関連動画





■関連記事:A01SH 7インチAndroid3.X搭載のタブレットが登場!(GALAPAGOS A01SH)
http://iphones-cafe.seesaa.net/article/226169379.html






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。