2011年09月29日

101SI - ソフトバンクから国内最高速通信「Softbank4G」と対応モバイルWi-Fiルータ「101SI」を発表!(ULTRA WiFi 4G)

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


Softbank Ultra WiFi 4G 101SI

『 ソフトバンク 101SI ULTRA WiFi 4G 』

9月29日、ソフトバンクモバイルは、関連会社のWireless City Planning(WCP)がインフラ展開する2.5GHz帯を使ったデータ通信規格「高度化XGP(AXGP)」を活用する下り最大110Mビット/秒の通信サービス「Softbank 4G」を11月1日から開始すると発表!とはいえ、11月は試験サービスとしており、本稼動は2012年2月からを予定しているようです。

すごいですよこれ。「業界最速の下り最大110Mbpsを実現した」と孫さんは自信満々に語ったそうです。さて、気になるエリアカバー率はどうなるんでしょうかね。

※AXGPとは、旧ウィルコムが推進していたデータ通信規格「XGP」を拡張した規格。参考記事:日本経済新聞 SOFTBANK 4G



■Softbank 4Gの気になるエリアは?

11月1日からSoftbank4Gの試験サービスが開始され、2012年度末に全国政令指定都市の99%をカバーする目標らしいです。

■Softbank Ultra WiFi 4G 第一弾:101SIも同時発表!

Softbank Ultra WiFi 4G 101SI

端末はセイコーインスツル製。通信速度は下り最大76Mbpsで、ULTRA SPEED(42Mbps)にも対応している。同時に10台までのWi-Fi対応機器を接続することができる。連続通信時間は約5時間。マルチSSID設定にも対応する。

発売予定時期は2012年2月。

■SoftBank 4Gの気になる料金体系は?

現時点ではコメントはなかった様子。但し、孫社長は「競合他社のサービスと競合できる体系にしていきたい」とのコメントがあったようです。

Softbank Ultra WiFi 4G 101SI

但し、AXGP(TD-LTE)のインフラを展開するWCPは、2011年6月にMVNO向けの標準プランを公開しており、こちらではMVNO向けの料金が提示済みだそうです。例えば最も基本的なプラン1の場合、1回線当たり月額3800円から(1カ月当たりの通信量は2Gバイトまで。それ以降は1Gバイトごとに月額980円)、ゲートウエイへの接続インタフェース当たり月額20万円など、となっている。Softbank 4Gの料金体系は、この標準プランに近い形になると想像できる。

参考:ソフトバンク公式 ULTRA WiFi 4G 101SI

■関連記事:
・ソフトバンク(Softbank)最新モデルのスペック比較(2011年冬〜2012年春)






posted by Lucy | Comment(0) | TrackBack(0) | SB Ultra WiFi 101SI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。