2011年10月16日

iPhone4Sのベンチマーク結果!やっぱり高速なiPhone4SのA5チップはちょっと抑え気味!?

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


iPhone4S

『 iPhone4Sのベンチマーク 』

engadgetさんのサイトにAppleの最新端末「iPhone4S」のベンチマークデータについて触れていました。生地によると、 Geekbench では iPhone4で360、iPhone 4Sで623と1.7倍近い数字になっており、さらにiPad2はその上をいく751。ん?iPad2とiPhone4Sは同じA5チップのはずだけど・・・ これってどういうことですかね。


■iPhone4Sの周波数はちょっと抑え気味か!?

このベンチマーク結果から推測されることとすれば、iPad2とiPhone4Sは同じA5チップを搭載しているわけですが、CPUの周波数はiPad2の推定1GHzからちょっと抑え気味の800MHzぐらいにになっているのでは?と予想されています。

但し、グラフィックでは 「最大7倍高速になったiPhone4S」というコメントがありましたが、これは偽り無しにiPhone4よりも6〜8倍高速になっているようですね。

さてさて、スペックやベンチーマークではこういった結果ですが、体感的にはどうなんですかね、iPhone4Sって。

■関連記事
iPhone4S最新記事、iOS5の新機能、iTunes10.5リリースなどはこちら






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。