2011年12月22日

PS Vitaの落とし穴?Vita(ヴィータ)を買ってもPSPを売ってはいけない!?

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


PS Vita

UMD PassportとPSP

PlayStation Vita(PS Vita)が発売されてから、ゲームをやりまくっている人、早速落として破壊してしまった人、実はあまり遊んでいない人、、なんて、多くの人が楽しんでいるところだと思いますが、PlayStation Vita(PS Vita)のゲームはPSPのUMDとは互換性はないので、ついついPlayStation Vita(PS Vita)を買うときの下取りや軍資金集めのためPSPを売ってしまうこともあるかもしれませんが、それ、実は「ちょっと待った!」なんですよね。

PlayStation Vita(PS Vita)の発売に合わせて登場した「UMD Passport」というサービスがあるわけですが、これはPSPのときに遊んでいたゲーム(UMD)であれば、Vitaで遊ぶ際に同じゲームを低価格で購入できるという画期的なサービスなわけですが、実はこの「UMD Passport」を利用する際に今まで使っていたPSPが必要になるんですよ!

▽関連記事/サイト
UMD Passport - PS Vita (ヴィータ)向け、ダウンロード版を安価に購入できるサービスが登場!!
http://iphones-cafe.seesaa.net/article/235105041.html


■UMD PassportにはPSPが必要
PS Vita(ヴィータ)にはPS Storeというオンラインショップがあるのですが、PSP時代に購入したUMDゲームがPS Vita(ヴィータ)でも販売されている場合は、「UMD Passport」というサービスを利用して、割安価格でダウンロード版を購入できる仕組みがあります。

「UMD Passport」の利用には、UMDを持っているという証明(登録)が必要になっているので、その証明(登録)をする作業において、PSPが必須になる、というわけです。

よって、PS Vita(ヴィータ)を購入したと同時にPSPを手放してしまうと、UMD Passportへの登録ができなくなるので、PS Storeで同じゲームを低価格に購入することができなくなります。

■UMD Passportを利用するための手順

PS Vita

□手順1
PSPで「UMD登録アプリケーション」を立ち上げます。(PS Storeからダウンロードします)

□手順2
持っているUMDがVitaでも利用できるかを確認するため、持っているUMDを読み込ませます。

□手順3
PS Vitaに対応しているUMDであった場合、PlayStation NetworkアカウントにUMDを登録します。(画面の支持にしたがって進めればOK)すると、UMD登録が完了し、PS Storeにてディスカウント価格でそのゲームを購入できるようになります。

PS Vita

参考

まぁ、いろいろ初期設定のトラブルやら、不具合やらで話題になっているPS Vitaですが、この年末年始はどのゲームをやりますか?みなさま。。

▼関連記事/サイト
ソニー公式サイト:UMD PassPort(UMDパスポート)
http://www.jp.playstation.com/psvita/compatibility/umd/






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。