2012年01月09日

1月ごろに発売予定のソフトバンク最新スマートフォンをチェックしよう!

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


SoftbankSoftbankSoftbank
SoftbankSoftbank

『 ソフトバンク2012年1月発売の最新モデル 』

スマートフォンは各キャリアからどんどん最新モデルが登場していますが、2012年に入ってもまだまだ最新モデルは登場していきますね。というわけで、今回はSoftBank(ソフトバンク)の最新モデルの中で、1月ごろに登場予定とされているスマートフォンにフォーカスしてまとめてみましたよ。

現在、SoftBank(ソフトバンク)の公式サイトで発売時期が「1月以降」とされているのはLUMIX Phone(101P)、HONEY BEE(101K)、AQUOS Phone(103SH)、MEDIAS CH(101N)、DELL STREAK PRO(101DL)の5機種ありますね。女子向けなスマホや小柄なコンパクトなスマホ、クラウド連携を得意としたスマホなどなど、いろんなタイプがあるので、これからAndroidスマートフォンを購入しようという人は、一度はチェックしておくべきスマートフォンかもしれませんよ!

▽関連記事/サイト
ソフトバンク最新ラインアップのウルトラフォンがすごいらしい(UltraPhoneスペックまとめ)
http://iphones-cafe.seesaa.net/article/228121006.html


■ソフトバンク2012年1月登場予定の最新機種は5つ!
現在SoftBank(ソフトバンク)の公式サイト上に掲載されているAndroidスマートフォンの中で、2012年1月に登場予定とされているモデルは全部で5機種あります。どれも特徴や個性があるスマートフォンばかりなので、是非チェックしておきましょう。というわけで、ひとつひとつ見ていきましょうか。

□LUMIX Phone(101P)
※パナソニック製のLUMIX Phoneは、以前にも記事にしていますので、こちらも参考にしてください。

LUMIX Phone 101P

このLUMIX Phoneはパナソニックのデジカメブランドを継承したAndroidスマートフォンになり、デジカメスマホと呼ぶにふさわしいスペックに仕上がっています。基本スペックとしては、1GHzデュアルコアCPU、RAM1GB、4インチ(960×540)のディスプレイ、背面1320万画素カメラ、バッテリー1460mAhという構成。大画面で基本スペックが高い仕上がりという印象ですね。

特徴はなんと言っても1320万画素という最高クラスの画素数を誇るカメラ機能。そして、そのカメラの機能をさらに引き出すためのアプリや撮影機能が豊富なのも大きな特徴ですね。

なので毎日写真をブログにアップしている人や、Instagramなどのサービスを頻繁に使う人にとってはかなり魅力的な機種になるのではないでしょうかね。。

また、さすが国内ブランドということもあり、全部入り仕様になっているのも好評価。ワンセグ、おサイフ、赤外線、防水などがすべて対応しています。

□HONEY BEE(101K)
※京セラ製のHONEY BEE(101K)は、以前にも記事にしていますのでこちらも参考にしてください。

HONEY BEE 101K

HONEY BEE 101Kは女子高生向けという一風変わったスマートフォン。デザインからしても、男性がもつと変な目で見られそうなPOPなデザインとかわいらしいカラーリングも目立ちますね。また、HONEY BEEという名前に聞き覚えのある人も多いかと思いますが、これはWillcomで発売してきたガラケー「HONEY BEE」のスマートフォン版という位置づけでもあります。そして、女子高生向けと言いつつも、実はけっこうハイスペック立ったりするこの101Kはお父さん顔負けのスマートフォンだったりもするんですよね、これが。。

基本スペックとしては1.2GHzのデュアルコアCPU、3.5インチ(800×480)のディスプレイ、512MBのRAM、背面500万画素、前面200万画素のカメラ、バッテリー1240mAhという構成。けっこうスペックは高いと思うのですが、カメラの画素数がちょっと物足りない気がしないでもない。。でも前面カメラが200万画素というのは、実はちょっと異例の画素数で、これは女子高生がプリクラ感覚で自分撮りで使ってもらおうという京セラさんの気配りもあるようですよ。普通、前面カメラは30万画素とかそんなレベルですからね。

カラーラインナップは豊富でピンク、ホワイトピンク、グリーンイエロー、ブルー、ブラックの5色ワンセグ、おサイフには非対応ですが、赤外線には対応しています。そして、なにげにSoftBank(ソフトバンク)の高速通信サービス「ULTRA SPEED」に対応していたりします。

その他、デザインやイルミネーションにはかなりのこだわりが見え隠れしていて、本体側面のサイドキーはツートンカラー構成で、本体背面のスピーカーの穴は星型で、本体カラーに合わせて着信LEDのデザインも変更されるなどなど、こういった特徴は是非実機で見たほうがよさそうですね。一応こちらも参考にどうぞ。

□AQUOS Phone(103SH)

※シャープ製AQUOS Phone 103SHは、以前にも記事にしていますのでこちらも参考にしてください。

AQUOS PHONE103SH

SoftBank(ソフトバンク)が発売するAQUOS Phoneシリーズは103SH以外にも「102SH」や「104SH」などもラインナップされており、102SHはすでに発売中になります。そして、102SHは4.5インチ大画面で1280×720というフルHDの解像度を誇り、104SHでは最新OSとなるAndroid4.0を搭載して2012年の春ごろに登場する予定だったりするので、非常にスペックが高いモデルがラインナップされているのもAQUOS Phoneの魅力だったりもするのですが、今回の「103SH」に関しては、エントリーモデルという位置づけということもあり、特に突出した機能や仕様だったりするわけではないので、実はかなり紹介しづらい機種だったりもします。。

基本スペックとしては、1.4GHzシングルコアCPU、4インチ(960×540)のディスプレイ、RAMは未定、背面カメラは800万画素、バッテリーは1520mAhという構成。あえて特徴を挙げるとすると、最薄部は9.8mmというスリムなボディに全部入り仕様で構成されている点が特徴でしょうか。

シャープ製端末の特徴として、さまざまな省電力モードを設定できる「エコ技」に対応しており、ボディカラーはスプラウトグリーン、ピンク、ブルーブラック、ホワイトの4色がラインナップ。

4インチ画面はけっこう大きいサイズだとは思いますが、特に突出した機能やスペックというわけではないので、あえてこの機種を選ぶ必要もないかもしれませんね。

□MEDIAS CH(101N)
※NECカシオ製MEDIAS CH(101N)は、以前にも記事にしていますのでこちらも参考にしてください。

MEDIAS CH 101N

MEDIAS CH(101N)は別名「ビューティースマートフォン」と呼ばれる女子向けなスマートフォンです。女性をメインターゲットにしたスマートフォンということもあり、かわいらしいカラーラインナップや全部入りスマホとしてワンセグ、おサイフ、赤外線や防水・防塵にも対応した薄型デザイン、そして「MEDIAS BEAUTY」と呼ばれる女性向けアプリが話題の機種だったりもします。

基本スペックとしては、1.4GHzのシングルコアCPU、4インチ(800×480)のディスプレイ、810万画素の背面カメラ、1700mAhの大容量バッテリーという構成。一見ハイスペックに見えないかもしれませんが、ゲームを中心に扱う男子向けのスマートフォンではない(笑)ので十分なスペックという印象ですね。

女子向けアプリの「MEDIAS BEAUTY」とはこちらの公式サイトでも紹介されています。
・Beauty up Camera:撮影した写真に、本格的メイク効果をほどこしてくれるカメラアプリ
・Beauty up Navi:メイクが上達するテクニックをナビゲートしてくれるアプリ
・Beauty up Advisor:メイクモードダウンロードが可能な他、メイクアップアーティストのコラムなどが充実したウェブサイト。
・Style up Closet:ファッションアイテムを登録してコーディネートを楽しめるアプリ。みんなでコーデをシェアできる「SutekiSnap」も!

などなど、他にもたくさんの女子向けコンテンツがラインナップされているので、こういうコンセプトを持ったスマートフォンは、けっこう長く使っていけるモデルになるかもしれませんね。

□DELL STREAK PRO(101DL)
※DELL製STREAK PRO 101DLは、以前にも記事にしていますのでこちらも参考にしてください。

DELL Streak Pro 101DL

STREAK Pro(101DL)は今まで紹介してきた国内メーカーのモデルではなく、PCでも有名なDELL製のスマートフォンになります。なので女子向けではなく、あくまでも男子向けでビジネスマン向けな印象が強いモデルに仕上がっていますよ。

基本スペックとしては、1.5GHzデュアルコアCPU、4.3インチ(960×540)のディスプレイ、背面800万画素カメラ、バッテリー1520mAhという構成。最高クラスのCPUに高精細な有機ELディスプレイが搭載されている点が魅力ですね。

特徴としては、「クラウド連携スマートフォン」という打ち出し方をしていて、DELL独自のクラウドストレージ「SyncUP」に対応しているため、音楽や写真、動画などのデータをWindows搭載のパソコンなどと共有できたりします。そして、これはDELL専用のサービスでもあるため、他のAndroid端末では利用できないそうです。

その他、法人での使用も想定されているため、セキュリティ機能も重視。動作モードを切り換えによって、内蔵データ領域を仕事用とプライベート用に分離させる機能なども搭載されるそうです。

大画面の有機ELディスプレイは一度現物を見てみたいですね。けっこう美しい映像がみれるのではないですかね。

■各モデルのスペック比較
製品名 LUMIX
Phone
HONEY BEE AQUOS
PHONE
MEDIAS CH
(チャーム)
DELL
Streak Pro
型番 101P 101K 103SH 101N 101DL
メーカー パナソニック 京セラ シャープ NECカシオ DELL
OS Android 2.3 Android 2.3 Android 2.3 Android 2.3 Android 2.3
CPU 1.0GHz
Dual Core
OMAP4430
1.2GHz
Dual Core
MP5225
1.4GHz
SingleCore
MSM8255T
1.4GHz
SingleCore
MSM8255T
1.5GHz
Dual Core
MSM8260
画面 4.0インチ 3.5インチ 4.0インチ
NewモバイルASV
4.0インチ 4.3インチ
Super AMOLED
解像度 960×540 800×480 960×540 800×480 960×540
RAM 1GB 512MB
ROM 2G 1.5GB
前カメラ 無し 200万画素 無し 無し 130万画素
背カメラ 1320万画素 500万画素 800万画素 810万画素 800万画素
サイズ 64×123×9.8 117×56×13.4 123×61×10.4 128×63×9.9 126×65×10.3
重量 128g 135g

140g
バッテリー 1460mAh 1240mAh 1520mAh 1700mAh 1520mAh
カラー メロウゴールド
ブラック
マゼンダ
ピンク
ホワイトピンク
グリーンイエロー
ブルー
ブラック
スプラウトグリーン
ピンク
ブルーブラック
ホワイト
ルージュピンク
パウダーピンク
ホワイト
ブラック
ブラック
ワンセグ × ×
おサイフ × ×
赤外線 ×
防水 ×
High
SPEED
ULTRA
SPEED
× × ×
通信速度
(下り/上り)
21Mbps/5.7Mbps 21Mbps/5.7Mbps 14Mbps/5.7Mbps 14Mbps/5.7Mbps 14Mbps/5.7Mbps
Wi-Fi規格 802.11b/g/n 802.11b/g/n 802.11b/g/n 802.11b/g/n 802.11a/b/g/n
Bluetooth 2.1+EDR 2.1+EDR 3 4 2.1+EDR

以上、スペックは発売する際に変更されることもあると思いますので、とりあえず参考スペックとしてみておいてください。

▼関連記事/サイト
SoftBank(ソフトバンク)2012年最新モデルラインナップ
http://mb.softbank.jp/mb/smartphone/product/






posted by Lucy | Comment(0) | TrackBack(0) | SoftBank 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。