2012年01月29日

ASUS Eee Pad TF201 - 実売69,800円のクアッドコアタブレットが気になる(EeePad Transformer)

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


ASUS Eee Pad TF201

『 Eee Pad Transformer TF201 』

台湾ASUSが展開するAndroidタブレットといえば「Eee Pad Transformer」シリーズ。ディスプレイ部分とキーボードドッグが合体してノートPCのように扱うことができる一風変わったAndroidタブレットですが、このシリーズの最新モデルとしてクアッドコアCPUを搭載したモデル「Eee Pad Transformer TF201」が国内でも入手可能になりました。

「Eee Pad TF201」は前モデルの「TF101」の後継機になり、2011年5月の発売から1年も経たないタイミングで後継機「TF201」が発売開始されたことになります。このスピードも驚きますが、Eee Pad TF201の最大の特徴はNVIDIA Tegra3(クアッドコア)を搭載するという非常に興味津々なスペックですから直販価格6万9800円でもけっこう売れそうなんですよね。

▽関連記事/サイト
ASUS公式サイト:EeePad TF201
http://www.asus.co.jp/Eee/Eee_Pad/Eee_Pad_TF201/


■ASUS Eee Pad TF201の特徴について
「Eee Pad TF201」は低価格なPCメーカーという印象が強いブランドの台湾ASUSが展開しており、"Eee Padシリーズ"として着脱式のキーボードドッグが付属するという個性の強いタブレット端末になっています。

今回発売された「Eee Pad TF201」は、2011年5月に発売された「TF101」の後継機にあたるAndroidタブレットになり、おなじみの着脱式キーボードドッグが付属し、CPUにはNVIDIA Tegra3を搭載するハイスペックタブレットとして2012年1月21日より発売が開始されました。

直販価格は6万9800円。

ASUS Eee Pad TF201

TF201のタブレット本体とキーボードドッグにはそれぞれバッテリーが内臓されており、タブレット単体では12時間、ドッグ装着すると18時間という長時間駆動を実現。

ディスプレイは10.1インチサイズに1280×800解像度。CPUは4コアCPUとなるTegra3(1.4GHz)、メモリ容量はRAMが1GB、ROMは64GBを搭載。さらにASUSのオンラインストレージ「ASUS WEBStorage 8GB」を永久無料で利用できる。カメラは背面が800万画素、前面が120万画素。インターフェイス類はMicroUSB、Micro SDカードに対応しており、キーボードドッグにはUSB2.0とSDカードに対応。

本体サイズはタブレット側は263××180.8×8.3mm、キーボードドッグを装着すると263×180.8×19.4mm。重量はタブレットのみで586g、ドッグ装着では1.1kgほど。カラーラインナップはアメジストグレーとシャンパンゴールドの2色。

■NVIDIA Tegra3について
Tegra3は4つのCPUコアと12個のグラフィックコア(GPU)を内蔵。そして4つのCPUコアとは別に「低電力コンパニオンコア」と呼ぶCPUコアを1つ内臓している。Tegra3ではこれらのCPUコアを使用状況に合わせて切り替えることで、低消費電力を実現する仕組みになっている。たとえば、3Dゲームなど高い性能が要求される処理の場合は4つのCPUコアを全部使い、ブラウジングなどでは2つのCPUコアのみを使うといった動作になる。そして音楽再生のみであれば低電力コアのみの稼働へと自動的に選択される。

Tegra3では従来のTegra2の5倍の性能と言われており、動画再生等のグラフィックに至るまで、今まで以上に快適な操作を実現できる。

▼関連記事/サイト
ACER ICONIA TAB A700 - クアッドコア搭載のモンスター級タブレットが登場!
http://iphones-cafe.seesaa.net/article/245247126.html






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。