2012年02月24日

Softbank 4Gがスタート!ULTRA WiFi 4G 101SIも発売開始だ!そしてXi、WiMAX、EMobile LTEと比較してみたぞ!

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


Softbank4G

『 ULTRA WiFi 4G 101SI 』

2月24日、ソフトバンクの高速通信サービス「Softbank4G」がいよいよスタートしましたね。同時にSopftbank4Gに対応した端末の「ULTRA WiFi 101SI」も発売開始されました。細かい説明は後述しますが、「Softbank 4G」はソフトバンクグループのWireless City Planningが提供する「AXGP」方式のサービスになり、TD-LTEと100%互換の高速通信が特徴。規格上の速度は、「下り最大速度は110Mbps、上りは最大10Mbps」という速度で、とうとう下り100Mbpsを超える時代が到来したわけですね。

▽Softbank4G対応端末の「101SI」
このSoftbank4Gに対応した第一弾となる端末が「101SI」になるのですが、「101SI」側の仕様により最大通信速度は下り76Mbps/上り10Mpbsとなるため注意が必要です。とは言え、今後は110Mbpsに対応したモデルも順次発売される見込みです。

ちなみに、NTTドコモのLTEサービス「Xi(クロッシィ)」は下り最大37.5Mbps(一部屋内は75Mbps)、UQ WiMAXは40Mbpsという速度になります。(もちろん実測値ではないので、単純な比較できないのですが)

というわけで、かなり期待したい「Softbank4G」についてもう少し調べてみました。

▽関連記事/サイト
業界最速のデータ通信サービス「Softbank4G」がスタート!


ちょっと余談ですが、日本では、LTE方式やWiMAX方式のサービスを3.9G(第3.9世代)と呼ぶそうで、一方、米国では一般にこれらを4G(第4世代)と呼んでいるそうです。今回のソフトバンクに関しては、サービス名としてはいち早く「4G」の呼称を付けたということになるようですね。

■Softbank4Gの気になるサービスエリアはどうなの?
いくら高速だと言われても、エリアが対応していなければ持っていても意味がないわけですから、やっぱり対応エリアはきちんと理解しておかないといけませんね。。

Softbank4Gの対応エリアは、2012年3月末には札幌市、さいたま市、千葉市、東京23区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市、神戸市、福岡市、北九州市と各都市周辺都市となる。2013年3月末までには全国政令指定都市の人口カバー率99%にまで拡大する予定。

但し、ちょっと注意が必要ですよ・・・

「SoftBank 4G」では、AXGPエリア以外の場所では、1.5GHz帯で整備した3G(W-CDMA方式、DC-HSDPAおよびHSPA+対応)サービスが利用できる。下り最大42Mbpsとなる3Gエリアでも後述する料金体系が適用される。サービスエリアの詳細はソフトバンクモバイルのWebサイトで確認できる。 ちなみに「101SI」ではAXGP方式以外に3G(W-CDMA)方式のデータ通信にも対応しており、より広いサービスエリアで通信が可能。もっとも3Gで利用可能なのはソフトバンクモバイルが現在ネットワークを構築中である「ULTRA SPEED」と呼ばれるエリアのみ(1.5GHz帯の周波数を用いている)。ULTRA SPEEDのエリアであればDC-HSDPA/HSPA+による下り最大42Mbpsの通信が可能になります。 これはつまり、ソフトバンクモバイルがメインで用いている2GHz帯や、同社の現行のモバイルルーター「ULTRA WiFi」では利用可能なイー・モバイル網(「データし放題対応サブエリア」と呼ばれている)には接続できないことを意味する。つまりAXGP/3G両対応といっても、当初は地方などでのサービスエリアはやや限定的と考えた方がいいだろう。ULTRA SPEEDのエリア(「データし放題対応エリア」という名称)については、ソフトバンクモバイルのサイトをチェックしてほしい。
参考

■Softbank4Gの気になる料金はどうなるの?

やっぱり料金も気になります。高すぎてもちょっとひいてしまいますからね。。

で、料金プランと言うのはややこしくなるので、結論からまとめると・・・

1. キャンペーン適用により\5,505/月
2. スマホを持っていれば\3,880/月

という月額料金になります。けっこう他社サービスと近い額ですね。

もう少し詳しく説明すると、
「Softbank4G」のサービス開始に合わせて新たな料金プランが発表されており、契約する際の料金は「4Gデータ通信基本料:\525」「4Gデータし放題フラット:\5,985」という組み合わせが必要になります。よって毎月「\525+\5,985=\6,510」がかかることになります。※但し、2年契約必須なので、更新月以外で解約すると、契約解除料\9,975がかかるのでご注意を。

しかしながら、4月30日までに申し込みすると、キャンペーンが適用されるので、「4Gデータし放題フラット:\5,985→\4,980」に減額されるため、毎月「\525+\4,980=\5,505」という料金で契約ができるわけですね。

Softbank4G

▽スマホセット割とは?
ソフトバンクのスマートフォンやタブレットを利用しているユーザーが4月30日までに「Softbank4G」に申し込むと、「4Gデータ通信基本料:\525→\0」+「4Gデータし放題フラット:\5,985→\3,880」というキャンペーン減額が適用されるため、結果として\3,880/月で契約できるわけです。

但し、一応条件がありまして次のような内容になります。

「スマホセット割」が適用されるのは1回線目のスマートフォンやタブレットが指定のパケット通信料定額サービスを契約している必要があり、iPhoneの場合は「パケットし放題フラット(月額4410円)」、iPadの場合は「(iPad専用)データ定額プラン(月額4410円)」、その他のスマートフォンの場合は「パケットし放題フラット for スマートフォン(月額5460円)」「パケットし放題MAX for スマートフォン」(新規受付終了、月額3985円〜月額5985円)が指定のプランとなる。

Softbank4G

ということで、ずいぶん長くなってしまいましたが。。理解できましたでしょうか??

▽ULTRA WiFi 4G 101SIのスペックをチェックしておきましょう
Softbank4G

Softbank4G第一弾の端末になる「101SI」。写真を公式サイトなどで写真を見ると、つや消しっぽい色に見えますが、実はつやがあるようなカラーリングみたいですね。

・通信速度:TD-LTE(AXGP)のエリア内では下り最大76Mbps/上り最大10Mbpsで通信が可能になりますが、エリア外の場合は既存サービス「ULTRA SPEED」に接続して下り最大42Mbps/上り最大5.7Mbpsで通信を利用可能。
・動作時間:同時接続可能な子機は最大10台。連続通信時間はTD-LTE(AXGP)接続時が3時間、3G接続時が3.5時間。ただし、外付けのバッテリーパックを標準添付しており、内蔵と外付けのバッテリーを併用すると9時間の連続通信が可能としている。
・サイズ、重量:本体サイズは幅64×奥行き100×厚さ16.1mm、重さは110g。

▼Softbank4Gと他社LTEサービスとの比較(速度、料金、エリア)

サービス名 提供事業者 通信速度 代表的な料金体系 サービスエリア
SoftBank 4G ソフトバンクモバイル 下り最大110Mbps(サービス開始時の端末では下り最大76Mbps) 4月30日までに申し込めば2年契約で月額4980円+525円(10月に準定額制に移行する予定) 3月末で東京23区ほか10都市およびその周辺地域、2013年3月末をメドに人口カバー率で政令指定都市の99%
EMOBILE LTE イー・アクセス 下り最大75Mbps 月額3880円程度になる見込み 3月末に人口カバー率40%、2013年3月末に同70%
Xi(クロッシィ) NTTドコモ 下り最大37.5Mbps(一部屋内では下り最大75Mbps、東名阪以外では2012年度から順次下り最大100Mbps) 2年契約で4月末まで月額4410円、9月末まで月額4935円(10月に準定額制に移行する予定) 3月末に人口カバー率25%、2013年3月末に同70%
UQ WiMAX UQコミュニケーションズ 下り最大40Mbps(下り最大165MbpsのWiMAX 2の計画もある) 1年契約で月額3880円 現状で実人口カバー率79%、2013年3月末に人口カバー率93%
参考
▼関連記事/サイト
ソフトバンク公式サイト (Softbank4G)






この記事へのコメント
いつも素敵な記事をありがとうございます!
また遊びに来たいと思います!よろしくお願いします。
Posted by タクヤ at 2012年02月26日 17:54
SoftBankも101SIの実態は噴飯ものです。
4月1日に引越し先の横浜市で利用するためSoftBank柏店にてWiFi4Gを契約しました。  
 サービスエリアを確認し、少なくとも3Gでは繋がるとの店頭での説明でしたが、実際に横浜市の自宅で使用すると電波が届かず利用できない状況です。  
4月5日に 現在最寄の日吉店に返品を相談すると、契約した柏店でしか対応できないとの回答でした。柏店に連絡するとコールセンター相談するように言われ、コールセンターに電話すると通常の解約料9750円が必要になるとの一点張りです。  
 まったく繋がらずに通信サービスの提供の実体もなく、契約手数料、通信料、解約金の請求を求められ、無償解除に応じない詐欺行為です。
Posted by SoftBankベテラン at 2012年04月06日 05:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。