2012年03月01日

ソフトバンク、900MHz帯(プラチナバンド)の通信サービスを7月25日から開始!iPhoneは使えるの?

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


Softbank

『 プラチナバンドはiPhoneで使えるのか? 』

川端達夫総務相は3月1日、ソフトバンクモバイルへの割り当てを正式に認定。ソフトバンクモバイルは900MHz帯(プラチナバンド)を使った通信サービスを7月25日に開始する計画だそうです。

そもそも[プラチナバンドって何?]と気になる方も多いと思いますが、これは携帯電話で使用することのできる900MHz帯の周波数のことで、700〜900MHz帯の周波数は、電波が建物などを回り込んで届きやすく、山間地などでもつながりやすいため「プラチナバンド」と呼ばれています。

今回、新たに割り当てられる900MHz帯をめぐってはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの通信事業者4社が獲得に名乗りをあげていましたが、ドコモとKDDIは既に800MHz帯の周波数を保有しており、契約者数で業界3位のソフトバンク、業界4位のイー・アクセスはプラチナバンドを持っていなかったため、この2社が最後まで争っていたそうです。

結果としてソフトバンクがこのプラチナバンドを利用することができるわけですが、私たちユーザーにとって大事なのは、現在発売されているAndroid端末、iOS端末においてどれが900MHzに対応しているか、、という事。う〜ん、気になります。

▽関連記事/サイト
SB公式サイト:プレスリリース


■孫正義社長のコメント
この度、900MHz帯の周波数をソフトバンクモバイルに割り当てることが決定したことを受け、ソフトバンクモバイルの孫正義社長は「大変うれしく思うと同時に、900MHzという電波をしっかり活用しなくてはという重責も感じている。引き続きネットワークの充実に邁進していきたい」とのコメントを発表。

■900MHz帯に対応している端末とは?
現在発売されているiOS端末、Android端末は、900MHz帯に対応しているのかが気になりますが、現時点ではiPhone4とiPhone 4S、iPad2などが900MHz帯に対応しているそうです。また、3月発売の「PANTONE 4 105SH」(シャープ製)と今年夏モデル端末は全て900MHz帯に対応する予定としている。

ソフトバンクモバイルが総務省へ提出した計画では、サービス開始時期は2012年7月になる予定で、当初は割り当てられた帯域15MHz幅のうち、5MHz幅を使ってHSPA+方式によるサービスが提供される。また、900MHz帯のサービス開始に伴い、基地局の整備などには向こう11年間で8207億円の投資を計画している。

■700MHz帯の割り当ても計画中・・・
携帯電話に割り当てられる周波数に関しては、総務省は地上アナログ放送の停波で空きが出る700MHz帯についても、今夏をめどに通信会社3社に割り当てる方針を固めているそうです。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。