2012年03月02日

10.1インチになったGalaxy Note 10.1(ギャラクシーノート)は手書き入力が強化された!

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


Galaxy Note 10.1

『 Samsung Galaxy Note 10.1 』
(ギャラクシーノート)

個人的に国内販売を熱望しているGalaxy Note(ギャラクシーノート)ですが、これまで海外で発売されていた5.3インチのスマートフォンモデルに新たなラインナップとして、10.1インチのタブレットモデルが追加されました!発表されたのはバルセロナで開催中のMWC2012の会場。

「GalaxyNote(ギャラクシーノート)」と言えば、やっぱり[S-Pen]と呼ばれる静電式のタッチペンになりますが、この最大の武器でもある手書き入力機能を10.1インチサイズのタブレットでも実現しており、画面サイズの向上だけでなく、また固有の機能が追加されているそうです。

まーでも個人的にはこれまでの5.3インチサイズか、7インチモデルでGalaxyNote(ギャラクシーノート)を実現してほしかったりもします。



■GALAXY Note 10.1について
Galaxy Note 10.1

MWC2012のSamsung (サムスン)ブースでは「GALAXY Note 10.1」を大々的に展示しているそうで、手書き入力のアピールのため、似顔絵を描くコーナーまで設置しているそうです。

GALAXY Noteには[S-Pen]と呼ばれる専用のスタイラスペンが搭載されており、S Penを使って画面の操作をしたり、内蔵のメモアプリ[S Memo]を使って「S Pen」で手書きした文字をテキスト変換する機能なども備えています。

Galaxy Note 10.1Galaxy Note 10.1
Galaxy Note 10.1

また、S Pen側面にあるボタンを押しながらディスプレイ上をタップするとスクリーンキャプチャが撮れ、そのままそこにペンを使い手書きすることもできるようになっており、これらは5.3インチ版のGalaxy Noteで好評価な要素を引き継いでるようですね。

▽マルチスクリーン機能を搭載
10.1インチサイズになったGalaxy Noteでは、10.1インチの大画面を2分割して利用することができる「マルチスクリーン」機能を新たに搭載しており、これにより動画やWEB文書を見ながら画面を切り替えずにもう一方の画面に付属のS Penでメモを取ることできる。

Galaxy Note 10.1

▽新しい専用アプリ「S-Note」がインストールされる
[S-Pen]の機能をこれまで以上に活用するため、新たに[S Note]と呼ばれるアプリが搭載されます。従来の5.3インチモデルには無いこの「S Note」では、手書きで書込めるだけでなく、S Penで微積分関数のような複雑な記号を手書き入力すると、自動的にテキストに変換され、計算も自動的に行われるそうです。

また、手書きで図形やグラフを描けば模様が自動的に補正され、完璧な図形とグラフが描かれるようになっており、ビジネスにおいてサクッとメモを取るときなどにも役立ちそうな機能ですね。

さらには、、高度な知識の検索エンジンとS-Noteが連動しているため、書込みながら情報検索することができるようになり、その結果をすぐにS-Noteに追加するといったことも可能になっています。

▽S-Penには消しゴム機能も搭載!
10.1インチサイズのGalaxy Noteではアプリだけではなく、[S Pen]の機能も向上。S Penの後部で文字を消去できる“消しゴム”機能が新たに追加されており、長さも既存のものより長くなって使いやすくなったという。

■GALAXY Note 10.1のスペック
気になるスペックですが、やはりタブレット端末ということもあり、高いスペックが特徴になっています。OSには最新OSとなるAndroid4.0 (Ice Cream Sandwich)を標準搭載し、画面解像度は1280×800ピクセル、背面カメラは300万画素、CPUは1.4GHzのデュアルコア、メモリーはRAMが1GB、ROMが16GB/32GB/64GBの3種類があり、対応する通信方式はW-CDMAの850/900/1900/2100MHz及びGSM 4バンド。

本体サイズは256.7x175.3x8.9mmとなり、重量は583g。UIにはTouchWiz/LivePanel UXが採用されている。バッテリー容量は他のGalaxy Tabと同様に7000mAhが搭載されています。

▽5.3インチ版との違いとは・・・?
従来モデルの5.3インチ版との違いとしては、5.3インチ版のスペックとしてバッテリー容量が2500mAh、背面カメラが800万画素、とった違いぐらいでしょうか。あとは大きな変化はないです。CPUも共に1.4GHzのデュアルコアですし。。

写真参考

■Galaxy Note10.1(ギャラクシーノート)のスペック一覧
製品名:Galaxy Note 10.1
キャリア:-
型番:-
メーカー:Samsung
OS:Android 4.0
CPU:1.4Ghz Dual Core
DualCore:○
画面:10.1インチ
解像度:1280×800
RAM:1GB
ROM:16GB or 32GB or 64GB
外部メモリ:microSD,microSDHC(最大32GB)
前面カメラ:200万画素
背面カメラ:300万画素
サイズ:256.7x175.3x8.9
重量:583g
バッテリー:7,000mAh
カラー:ブラック/ホワイト
Wi-Fi規格:802.11 a/b/g/n
Bluetooth:3.0
テザリング:-
外部接続:microUSB,3.5mm ステレオ
その他:DLNA(AllShare Play),Wi-Fi Channel Bonding,TouchWiz/LivePanel UX,S Pen付属
発売予定日/予想価格:不明

▼関連記事/サイト
ドコモからサムスン「SC-05D」が登場なるか!?
Galaxy Note(ギャラクシーノート)にピンクカラーがラインナップ






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。