2012年03月08日

Apple 「iPad3」ではなく、「新しいiPad」を発表!A5Xデュアルコア、グラフィックはクアッドコア、LTE対応、Retinaディスプレイ搭載!

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


ipad3
ipad3

『 Apple あたらしいiPadが誕生 』

「新しいiPad」。

[iPad3 /iPad HD]というこれまでウワサされていた新型iPadの名称は、[新しいiPad]という名前でAppleが正式発表しました。正直、ちょっとわかりにくいですね(笑)。お店などでは"第3世代iPad"なんて表現をされるのかもしれませんね。。

期待されていたスペックは、期待通りの仕様でありましたが、逆に言うと、期待以上のスペックではなかったのかもしれません。とは言え、iOS5.1を搭載し、画面サイズは据え置き、高解像度化、LTE対応という申し分ないスペックであることは間違いないですし、なにより値上がりすると思われた価格も少し値下がりしています(円高の影響もあり)から、これは発売直後から品切れが続きそうですね。

それでは、新しいiPadのスペックをまとめてみましたのでどうぞ。。



■Appleが発表した[新しいiPad]について■

ipad3

日本時間3月8日未明、Appleが最新のiPadを発表しました。名称はiPad3/iPad HDといったこれまでウワサされていた名称ではなく、「新しいiPad」という表現になり、これはiPodやMacBookと同様の呼び名(ネーミング)に変更されたものと思われます。今後も、iPad4という表現は無いものと思いますので、世間では"第○世代iPad"なんて呼び方をされるのだと思います。

▽デザイン
個人的には、デザインが刷新されていることを期待していましたが、iPad2とほぼ同じと見てよいでしょう。実際、[新しいiPad]に関してデザインに触れているメディアはほとんどありません。iPad2とサイズを比較すると、厚みが0.6mm増して、重量は50gほど増している、という違いぐらいです。

▽プロセッサの進化
これまでウワサされていた情報としては「A6クアッドコア」や「A5Xデュアルコア」といったものがありましたが、結論としては「A5Xデュアルコア」が搭載されています。しかし、グラフィック部分(GPU)はクアッドコアになっており、なんとNVIDIA Tegra3の約4倍のグラフィックス性能になるそうです。

▽ディスプレイ、解像度の進化
ディスプレイサイズは従来の9.7インチサイズから変わらないのですが、解像度が2倍になり、iPhone4と同様にRetinaディスプレイという表現をされています。実際の解像度は、1024x768から2048x1536 という大幅な進化になります。

ipad3

▽LTE対応、SB ULTRA SPEEDで提供か
いよいよiPadもLTE対応の時代がやってきました。通信事業者としては、Apple公式サイト上ではSoftbankの名称が記載されており、au(KDDI)の表記はありませんでした。

Softbankでは、ULTRA SPEEDを利用して[下り最大21MbpsのHSPA+、下り最大42Mbps]の通信速度で利用できるものと思います。

▽価格設定と発売日
価格は下記に記載していますが、iPad2よりも2000円ほど値下がりするようです。しかも、iPad2も値下がりです。旧モデルの定価が下がるということは、中古市場の相場がどうなるのか気になるところですね。

発売日は3月16日。日本は先行発売組みに入っているらしく、日本国内でも3月16日から販売開始になります。



ipad3

■新しいiPadのスペック関連まとめ

・名称:新しいiPad ※ウワサされていたiPad HDでは無い
・OS:iOS5.1搭載 ※Siri日本語対応!
・ディスプレイ:9.7インチ
・解像度:2,048×1,536ピクセル ※264ppiであるが、Retinaディスプレイと呼ぶ
・プロセッサ:デュアルコア Apple A5X SoC(System on a Chip)
・グラフィック:クアッドコア ※NVIDIA Tegra3の約4倍のグラフィックス性能
・ROM:16GB/32GB/64GB (3種類あり)
・前面カメラ:30万画素(VGA)
・背面カメラ:背面500万画素 ※手ぶれ補正、顔検出、オートフォーカス
・動画撮影:1080pフルHDビデオ撮影に対応 ※前面カメラはVGAサイズ
・Wi−Fi:IEEE802.11a/b/g/n
・Bluetooth:Bluetooth 4.0
・サイズ:241.2×185.7×9.4mm ※iPad2よりも厚みが0.6mm増加
・重量:Wi-Fiモデル652g / 4Gモデル662g ※iPad2よりも51g増加
・バッテリー:42.5Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー ※iPad2は25Wh
・動作時間:3G接続 10時間、4G接続 9時間の連続動作が可能
・通信:Wi-Fi専用モデル/Wi-Fi+LTEモデル (2種類あり)
  Wi-Fi+4G版:UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,900、2,100 MHz)
  GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900 MHz)
・通信事業者:Softbank(下り最大21MbpsのHSPA+、下り最大42MbpsのDC-HSDPAに対応)
  ※SoftBank UltraSpeedに対応
  ※au(KDDI)の名称はApple公式サイトに記載されていない

・カラー:ブラック/ホワイト ※現行カラーと変わらず

・発売日:3月16日

・価格
[Wi-Fiモデル](iPad2との比較)
  16GB 42,800円 (-2,000円)
  32GB 50,800円 (-2,000円)
  64GB 58,800円 (-2,000円)

[Wi-Fi+4Gモデル]
  16GB 53,800円 (-2,840円)
  32GB 61,800円 (-3,000円)
  64GB 69,800円 (-2,920円)

・その他
[iPad2の値下げ]
  iPad2 (16GB Wi-Fiモデル):$499 → $399
  ※Apple公式サイトを見ると、34800円から販売しています。   iPad2 (16GB Wi-Fi+3Gモデル):$629 → $529

ipad3

この他、かねてからウワサされている7インチ版のiPadについてはまったく不明のままですね。とは言え、解像度が2倍になるということはユーザーにとってはうれしいニュースでもありますが、アプリの対応など、開発会社は対応に追われる事になりそうですね。

▼Apple公式サイト:新しいiPad
http://www.apple.com/jp/ipad/specs/






posted by Lucy | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple iPad3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。