2012年03月11日

ソフトバンクではLTEもULTRA SPEEDも使えないという「新しいiPad」の残念な話。。

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


ipad3

Softbank

Softbank

『 Wi-Fi+4Gモデル ではなくて3Gモデルなのだ! 』

ソフトバンクが新しいiPadの発売におけるキャンペーン内容や価格を発表しました。「ゼロから定額キャンペーン」など、相変わらずややこしいです。「ゼロから定額キャンペーン」は基本使用料が0円で、端末代も月々割が適用されてWiFi運用してしまえば毎月の支払いは0円になる!って勘違いしてしまうような記述(価格表)なのでやっかいです。。結局最低でも「2730円/月」は必要になるので、2730円×24ヶ月=65,520円が総額でかかるわけで、やっぱり「WiFiモデルを一括購入!」の方がお得かもしれませんね。

と、ちょっとタイトルとは話がそれてしまいましたが、
今回言いたい事は「新しいiPad」はソフトバンクで契約してもSoftbank 4G(LTE)もULTRA SPEEDも使えないということなんです。

新型iPadにおいて"LTEに対応した"という事実はとても重要な要素になっていますし、新型iPadにおける"売り"でもありますね。なので、それを期待しているユーザーもきっと多いはず。そして、ソフトバンクから発表された新型iPadの価格表をみると、「Wi-Fi+4G」という表記があるため、ソフトバンクで契約すればLTEで高速通信が利用できると思ってしまいます。

Softbank

けど、ソフトバンクで新型iPadを契約しても、使えるのは3G回線になり、ULTRA SPEEDで利用可能な[HSPA+(下り最大21Mbps)]も利用できず、結局iPad2となんら変わりはありません。よって、新型iPadを使ったとしても「下り最大14Mbps」になり、通信速度が速くなるわけでもありません。

なぜって、、それはこういうワケなんです・・・



■ソフトバンクでは新しいiPadのLTE通信が使えないワケ

Softbank

とりあえず、簡潔に説明するようにしますね。
まず、ソフトバンクは2月から「SoftBank 4G」というLTE通信サービスを開始しました。なので新型iPadでもLTE通信が利用できると考えてしまいますが、実はLTEにおける通信方式は2種類(下記へ記載)あり、新型iPadで利用できるLTEの通信方式(FDD方式)は、ソフトバンクでは利用できないわけです。

FDD方式:米AT&T、Verizon、NTTドコモが利用しているLTE通信方式
TDD方式:ソフトバンク、中国チャイナモバイルが利用しているLTE通信方式

Apple [新しいiPad]で使えるLTE方式は「FDD」のみになります。

このようなワケにより、新しいiPadをソフトバンクで契約したとしても、LTE(Softbank4G)は利用できないのですね。う〜む、非常に残念です。だから多くの人は、NTTドコモから新型iPadを発売してほしいという要望が増えるわけですね。。また、どうしてもLTE通信を利用したければ、ポケットWiFiを契約するしかありません。

将来iPhone5がLTE対応でリリースされたとしても、同様な通信方式を採用されてしまうと、ソフトバンクではLTEが使えないので意味が無い、、、なんて事にもなりえますので困ったものです。。

■新しいiPadで"HSPA+/DC-HSDPA"に対応しているはずの
「ULTRA SPEESD」が利用できないワケ


Softbank

ソフトバンクが提供するULTRA SPEEDとは、[HSPA+]や[DC-HSDPA]という最新の通信技術を採用したサービスになり、これにより以下の通信速度を実現しています。

・DC-HSDPA:下り最大42Mbps
・HSPA+:下り最大21Mbps
参考:ソフトバンクULTRA SPEED公式サイト

そして、新しいiPadでは以下の通信規格に対応しています。

UMTS/HSPA/HSPA+/DC-HSDPA(周波数:850、900、1,900、2,100MHz)

そうなんです。上記を見ると、新しいiPadでは[HSPA+]や[DC-HSDPA]に対応しているんです。ということは、ソフトバンクでもULTRA SPEEDは使えるじゃないか!と、考えてしまいますが、実はこういう裏があります。。

ソフトバンクの「HSPA+/DC-HSDPA」における周波数は
1.5GHzを利用している

という事実。そうなんです、規格は同じでも周波数帯が異なるために新しいiPadでもULTRA SPEEDが使えないワケなんですね。う〜ん、残念!

▽7月から使えるかもしれないULTRA SPEED▽

Softbank

でも期待できることがひとつあります。それは、ソフトバンクがプラチナバンドの権利を取得し、7月からサービスを開始するという事実。プラチナバンドは900MHzの周波数になるんです。900MHz帯対応エリアでHSPA+方式が利用できれば「下り最大21Mbps」による高速通信が利用できるようになるわけですね。これは期待したい。

というわけで、ソフトバンクが3Gという表現を使わない限り、4G通信が利用できるというユーザーがどんどん増えてしまって、トラブルが増えなければよいですけど。。

あと、AUはどうなるのか?というのも気になります。ドコモのXi(クロッシィ)、ソフトバンクのSoftbank4G、と各キャリアがLTEサービスを開始していますし、AUも近々発表するというウワサもありますから、AUがiPadのLTEに対応した場合、たとえ新型iPadの発売が4月にずれ込もうとも、まだまだソフトバンクよりも契約数を増やせる可能性が十分に残っていると言えますね。。

参考1,参考2






posted by Lucy | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple iPad3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。