2012年03月15日

EMOBILE LTEが本日3月15日より始動!下り最大75Mbpsはもっとも早い世界標準のLTEサービスなのだ!

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


EMOBILE LTE

『 EMOBILE LTE / イー・アクセス 』

イー・アクセスは本日3月15日から下り75Mbpsの3.9Gサービス「EMOBILE LTE」を開始。都内ではCMキャラクターをつとめる板野友美さんも登場したイベントが開催されらそうです。EMOBILE LTEは下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsとする新世代データ通信サービスになり、名称は4Gではなく3.9Gと表現しています。これは通信規格に3.9Gに属する技術(LTE)が採用されているからだそうです。

EMOBILE LTEにおいて実際に75Mbpsで通信できるエリアが気になるところですが、サービス開始時点においては北海道6地点、東北1地点、関東3地点、信越4地点、北陸4地点、中国4地点、四国4地点、九州2地点において下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsを利用できるそうです。この地域以外の場所では下り最大37.5Mbps、上り最大12.5Mbps。LTE圏外の場合は、EMOBILE G4エリアに接続される。

EMOBILEの高速通信サービスは今回発表された「EMOBILE LTE」、すでにサービス提供中の「EMOBILE 4G」があるので、ちょっとややこしい気がします。



■EMOBILE LTEの端末は1円で販売開始
EMOBILE LTE

EMOBILE LTEの料金プランには専用の「LTEフラット」が用意されており、契約種別に「にねん+アシスト1600」を選択した場合、3880円/月から利用できる。対応機器は以下の3機種。

・ルータタイプ:「Pocket WiFi LTE(GL01P)」(3月15日発売)
・ルータタイプ:「Pocket WiFi LTE(GL02P)」(3月27日発売)
・USBスティックタイプ:「GL03D」

ビックカメラ有楽町店では、ルータタイプのGL01Pを「にねん+アシスト1600」契約時で新規1円、機種変更(一部条件あり)1円で販売(2012年3月15日現在)。

EMOBILE LTE

■EMOBILE LTEの通信方式はFDD-LTEを採用
EMOBILE LTEは世界先進国でもっとも広く使われているFDD-LTE規格を採用。LTEの通信方式にはTD-LTEという方式(Softbank4GがTD-LTE方式を採用している)もあるのですが、世界標準はFDD-LTE。いま世界で最大75Mbpsに達するFDD-LTEをやっているところはない。そういう意味でもっとも速い世界標準LTEサービスと言えるそうです。


■EMOBILE LTE:対応エリアの拡充
EMOBILE LTE

対応エリアも早期に拡充を計画中。最大75Mbpsのエリアは一部に限られる(それ以外は下り最大37.5Mbps/上り最大12.5Mbps)が、2012年6月に東名阪エリア99%の人口カバー率、2013年3月までに全国人口カバー率70%を目指す(同社が示す人口カバー率は、市町村の役場が所在する地点で通信できるか否かより算出)。

「75Mbpsエリアは、東京ではお台場あたりから。このほか、主力は地方から拡充する予定。(最大42Mbpsまでの)EMOBILE G4ユーザーの利用状況とバランスをみながら移行を進める」(イー・アクセスのガン社長)
※EMモバイルブロードバンド サービスエリアの確認はコチラ

けっこうよいのではないですかね。通信エリアは気になりますけどLTEエリア外でも下り最大37.5Mbps/上り最大12.5Mbpsであればよい気がしますね。
参考1,参考2






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。