2012年03月28日

カメレオンSIMってなに? - b-mobileから契約期間の縛りなしで自分に合ったプランが選択できる自由度の高い通信サービス!新しいiPadにも最適らしいぞっ!

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


bmobile

日本通信(bmobile)
カメレオンSIMと新型WiFiルータを発表

bmobileでおなじみの日本通信から新しい通信サービス「カメレオンSIM」とモバイルWi-Fiルーター「b-mobile4G WiFi2」が発表されました。けっこう話題になっているのですが、どうも契約期間やらプランだとかがわかりづらかったので、ちょっと調べて整理してみました。

ちなみに、あたらしいiPad(海外SIMフリーモデル)では利用できるそうなので、LTE対応したiPadの本領発揮!という使い方は可能なようです。

カメレオンSIMはいわゆるSIMロックフリー端末などで利用できるSIMカードと通信プランがセットになったもので、通信速度と利用可能なデータ容量、利用期間が定められたプランが3種類用意されています。

カメレオンSIMという呼び名はユーザーが契約プランを使い方に合わせて変更できるため、日本通信は「場所に順応して自らの色を変える動物にちなみ、『カメレオンSIM』と命名」したそうです。

というわけで、カメレオンSIMについて細かく解説します。



■bmobileの新サービス「カメレオンSIM」について
カメレオンSIMは自分の利用スタイルに合わせてプランが選択できるのですが、どういうプランがあって、どういうタイミングでプラン選択ができるのか?また、通信速度はどうなるの?利用金額はどうなるの?なんてことを整理してみました。

▽プリペイド型のデータ通信SIMカード「b-mobile4G カメレオンSIM」
発売日:3月31日
通信エリア:NTTドコモの:NTTドコモのLTE網(Xi)及び3G網を利用できる
対応端末:W-CDMA/HSPA/LTE、2100MHzまたは800MHz帯に対応した端末で利用可能
 ;対応端末の詳細はbmobile公式サイトで公開されています(詳しくはこちら)
http://www.bmobile.ne.jp/devices/devices.html SIM型式:通常SIM版とMicroSIM版の2種類が選択可能

▽「b-mobile4G カメレオンSIM」特徴
初期購入パッケージで自分の利用頻度を体験した上で、3種類のプランを再度変更できるというのが特徴。そのため、キャリアの契約では一般的になっている2年縛りという概念はありません。約1か月ごとにプランの変更が可能になります。

▽最初に購入するパッケージは決まっている
「b-mobile4G カメレオンSIM」を初めて契約する場合は、購入するパッケージは一つのみになります。金額や通信速度等は以下の通り。

・料金:5800円(初期手数料3150円含む)
・期間(制限):21日間(最大通信データ量は3GB)の利用が可能
・通信速度:NTTドコモのXi(クロッシィ)エリアとなる下り最大75Mbpsを利用可能(エリア外の場合はFOMハイスピードの下り最大14Mbps)

※Xi(クロッシィ)のエリアは一部屋内では下り最大75Mbpsになりますが、通常のエリアは37.5Mbpsの速度になります。

▽初期購入パッケージの利用が終わるころにプラン選択
選択できるプランは次の3種類あります。

「U300定額」(2,480円/30日):通信速度は300kbpsに制限
「高速定額」(5,400円/30日):下り最大75Mbpsの高速通信が5GBまで利用可能
「1GBフェア」(8,800円/120日):下り最大75Mbpsの高速通信が1GBまで利用可能

プラン選択はWEBサイト上から行いますが、タイミングとしては初期購入パッケージの21日間が終わるまで、もしくは終了後10日間のうちに次のプランを選択する必要があります。※ただし、クレジットカード契約必須でオートチャージが設定されるため注意が必要です(後述)。

▽新しいiPadでLTEが活用できる!
といっても、あくまでも海外SIMフリー版になるわけですけど、実際にあたらしいiPadで利用した記事がありますのでリンクを張っておきます。※くどいようですが、ソフトバンクで契約したiPadはSIMロックがかかっているので使えませんよ!脱獄してSIMフリー化すれば利用可能とは思いますが。。

・SIMロックフリーの新iPadにカメレオンSIMを入れたら異様に速かった件
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/081/81757/

▽支払方法
料金の支払いはクレジットカード。チャージは全てオートチャージとなり、残データ量が100MBを切った時点または、有効期限終了2日前に、自動的にチャージが行われますが、自動チャージの停止も可能。期間終了後のプラン選択の際には自動チャージを停止する必要があると思いますが、その点について詳細が書かれているページがなかったため、店頭などで直接確認が必要ですね。

▽利用期間が過ぎたら(規定のデータ量を超えたら)どうなるのか?
上記の通り、原則オートチャージが設定されています(※停止可)のでそのまま利用継続されると思われます。また、チャージ期限は有効期間終了日から起算して10日間後まで有効。

▽その他、注意点
・「b-mobile4G カメレオンSIM」はデータ通信カードになりますので、音声通話はできません。
・ドコモが販売している端末はSIMロック解除の手続きが不要。ただし、テザリングやiモード等のキャリア独自サービスは利用不可。

■モバイルWi-Fiルーター「b-mobile4G WiFi2」
bmobile

同時発表されたモバイルWi-Fiルータですが、こちらは端末のみの販売になりますので実際の利用にはSIMカード(通信カード)の契約が必須になります。

「b-mobile4G WiFi2」も発表。NTTドコモのLTE通信網及び3G通信網に対応した端末になり、価格は3万2800円。発売日は3月31日。

「b-mobile4G WiFi2」の特徴は小型且つ軽量な点になり、重量は95gで本体サイズは55.3(W)×11.2(D)×99(H)ミリ。単体販売になるため実際に利用するにはカメレオンSIMなどを契約する必要があります。
使用時間は以下のとおり。

LTE:5時間
3G:6.5時間
スリープ:150時間
※バッテリー容量は2100mAh

最大同時接続台数は10台まで可能。

参考サイト ・日本通信『b-mobile4G WiFi2』は新しいiPadに最適?LTE通信速度を実測 http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/081/81711/






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。