2012年08月12日

iPhone5で採用されるバッテリーパックの画像がリーク!容量は1440mAhらしい!

【新サイトへ移行のお知らせ】
iPhone's Cafe は新サイトへ変わりました
ブックマーク、そしてこれからも応援よろしくお願いします! Lucy


iPhone5

『 iPhone5のバッテリー容量 』

最近、つぎつぎとリークされるiPhone5のパーツに関する情報の数々。。正式発表は9月といわれていますから、おそらく限りなく事実に近い情報なんだろうな〜と思いながらウォッチしています。

今回リークされたのは、iPhone5に搭載されるバッテリーパックの画像。バッテリーパックには容量などが記載されていますが、これらの情報を整理すると、iPhone5で搭載されるバッテリーは1440mAh、3.8Vだそうです。

この1440mAhってどうなの?って人も多いと思いますが、最近のAndroidスマートフォンに搭載されるバッテリー容量は1800mAhを超える端末も出てきています。特にSamsungのGalaxyシリーズやら、LGのOptimusシリーズなどの海外モデルなんかは容量が多いですからね。

Androidスマートフォンの場合は、CPUがTegra3(クアッドコア)になったりとハードスペックが上がる=消費電力が上がる、ということもあってバッテリー容量が多めに搭載されることも多いわけですが、iPhoneの場合はハードもOSもすべてAppleが握っているわけなので、消費電力という観点では、iPhoneの方が少ないんだろうなと思います。

けど、iPhone4Sのバッテリーは1420mAh、3.7Vだったので、iOS6が標準搭載されて、CPUも最新A5プロセッサが搭載されるなか、微増にとどまっているというのはどういうことなのか。。そこまで消費電力は変わらないということなのか、、ちょっと気になりますね。

9to5Mac






posted by Lucy | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple iPhone5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。