2012年06月03日

ソフトバンクのプラチナバンドサービスは7月25日に開始!

プラチナバンド

『 ソフトバンク プラチナバンドは7月25日開始! 』

いつのまにやら公式サイトも立ち上がっていたソフトバンクのプラチナバンドサービス。2012年夏モデルは全機種がプラチナバンドに対応することも発表されており、iPhone4S、iPhone4、iPad2、新しいiPadではソフトウェアのアップデートや設定変更などを行わなくても、プラチナバンドを利用した通話・通信を利用できるそうです。つながりやすくなる、、というのはすんごくよいのですけど。。

でも、個人的にはLTEの動向が気になります。だって、新しいiPadではLTEは使えないんですから。。そして、FDD-LTEサービスは12月開始予定ってことですから、やっぱりiPhone5では発売当初からLTE通信を使えることはないんでしょうね。

▽過去記事
・SB、900MHz帯(プラチナバンド)の通信サービスを7月25日から開始!
・ソフトバンクがFDD-LTE方式の通信サービスを2012年秋以降に提供開始と発表!

2012年04月02日

ソフトバンクがFDD-LTE方式の通信サービスを2012年秋以降に提供開始と発表!

Softbank 008Z

『 ソフトバンク FDD方式のLTEサービス 』

ソフトバンクモバイルは4月2日付けのプレスリリースとして「FDD-LTE方式を採用した次世代高速データ通信サービスを2012年秋以降に提供開始」と発表しています。4月2日なのでエイプリルフールネタではなさそうです(笑。

これはちょっと驚きました。ただ、半年近く先の話になるというのに今このタイミングで発表しているのには何か意味がありそうですね。iPadユーザーの取りこぼしを防ごうという考えなのでしょうか。。

▽FDD-LTE方式を採用する背景
3月に発売された新しいiPad(iPad3)では、FDD方式を採用していないソフトバンクのLTEサービスでは、従来のiPad(iPad2)と同じ通信速度(下り最大14Mbps)でしか利用できないという最大のネックがありました。

・参考:あたらしいiPadはLTEもULTRA SPEEDも使えない残念な話。。

もう少し細かく言うと、
そもそもLTEには2つの規格が存在しており、NTTドコモや米AT&T、Verizonなどが採用しているFDD方式と、ソフトバンクやチャイナモバイルが採用しているTDD方式というものがあります。

あたらしいiPadが対応しているのはFDD方式のみであるため、ソフトバンクで新しいiPadを使おうとしても「4G」ではなく、従来の「3G」回線しか使えないわけです。

なので、ソフトバンクがFDD方式を採用するということで、おそらく新しいiPadで高速通信サービスを利用できることになるわけですね。※ソフトバンクのリリースを読む限り、iPadには触れていないんですけど。。

▽通信料金は5985円
今このタイミングで料金まで発表するのはなぜなんでしょうか。。と気になりますが、ソフトバンクの発表では、FDD-LTEサービスの料金を月額5,985円で提供予定、と記載されています。
(ソフトバンク:プレスリリース

2012年03月01日

ソフトバンク、900MHz帯(プラチナバンド)の通信サービスを7月25日から開始!iPhoneは使えるの?

Softbank

『 プラチナバンドはiPhoneで使えるのか? 』

川端達夫総務相は3月1日、ソフトバンクモバイルへの割り当てを正式に認定。ソフトバンクモバイルは900MHz帯(プラチナバンド)を使った通信サービスを7月25日に開始する計画だそうです。

そもそも[プラチナバンドって何?]と気になる方も多いと思いますが、これは携帯電話で使用することのできる900MHz帯の周波数のことで、700〜900MHz帯の周波数は、電波が建物などを回り込んで届きやすく、山間地などでもつながりやすいため「プラチナバンド」と呼ばれています。

今回、新たに割り当てられる900MHz帯をめぐってはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの通信事業者4社が獲得に名乗りをあげていましたが、ドコモとKDDIは既に800MHz帯の周波数を保有しており、契約者数で業界3位のソフトバンク、業界4位のイー・アクセスはプラチナバンドを持っていなかったため、この2社が最後まで争っていたそうです。

結果としてソフトバンクがこのプラチナバンドを利用することができるわけですが、私たちユーザーにとって大事なのは、現在発売されているAndroid端末、iOS端末においてどれが900MHzに対応しているか、、という事。う〜ん、気になります。

続きを読む

2012年02月07日

ソフトバンクがAndroidスマートフォン向けに「待ちうた」を3月1日から提供!

待ちうた

『 ソフトバンクの待ちうた 』

この度SoftBank(ソフトバンク)から発表された「待ちうた」はその名のとおり、着信音を好きな音楽に設定できるサービスですね。提供開始は3月1日からとなり、対応機種としては、Android2.2以上のSoftBank(ソフトバンク)のAndroidスマートフォンか、DisneyMobileのスマートフォンでも利用可能だそうです。

「待ちうた」は利用料金がかかるそうで、月額105円(楽曲によっては月額情報料もプラスされる)。また、「待ちうた」の利用にはSoftBank(ソフトバンク)の契約にて「S!ベーシックパック」への加入が必須とのこと。

また、「スマートフォン基本パック」に加入している場合は月額料金無料で待ちうたを利用できる。楽曲の購入方法は「My SoftBank」→「サービス・端末設定」→「待ちうた」から利用できる。

▽SoftBank(ソフトバンク)公式サイト:『待ちうた』
http://mb.softbank.jp/mb/service/machiuta/

2011年11月25日

SoftBank(ソフトバンク) ソフトバンクWi-Fiスポットの月額使用料490円が無料に!

『 ソフトバンクWi-Fiスポットが無料提供 』

SoftBank(ソフトバンク)は、12月1日より「ソフトバンクWi-Fiスポット」の月額使用料490円を無料で提供することを発表したそうです。ただし、申し込み不要の場合と必要な場合があるので、注意が必要ですよ。

今回「ソフトバンクWi-Fiスポット」が無料になるユーザーは、パケットし放題フラット」「パケットし放題フラット for スマートフォン」「(iPad専用)データ定額プラン」に加入しているユーザーは、申し込み不要で期限なしの無料提供となり、「2段階型パケット定額サービス」を契約している方は、申し込みが必要で、申し込み後の2年間が無料になるそうです。

■SoftBank(ソフトバンク)の公式発表(プレスリリース)
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2011/20111124_02/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。